WP for Way2Go

WordPressのプラグインで、Googlemapを貼り付けるのに便利なプラグインを探していたら、Googlemaps Anywhereが良さそうなので、導入してみた。

プラグインを有効にし、編集画面から、Googlemapを挿入してみたが、静止画しか表示されない。
別サイトのWordPressに導入しても、やはり静止画のみ。
何故か、コントロール出来るようにならない。
ストリートビューは、全く表示されない。
テーマも変えてみたが、ダメ。
JavascriptがOnになってないと表示されないとの事だが、Onになってるし、いろんなサイトを見ても、コントロール出来るサイトもあれば、静止画だけのマップのところもあり、何だかよくわからん。

数日、あーだこーだで悩んでいても、時間の無駄なので、これだったら、そのままGooglemapsのコードを貼り付けた方がてっとり早いな。

広告

WordPressのセキュリティをチェックしてくれるプラグイン「WP Security Scan」を導入し、チェックしてみた。

Security — WordPress.jpg

既に、セキュリティ対策していたので、特に問題なし。

何も、やることなかったよ。(> <)

メインで運用しているサーバは、Coreserverを利用していますが、デフォルトでWordPressからメール送信は、自サーバになっている事と思います。

これを外部のSMTPサーバを利用できるようにするCimy Swift SMTPと言うプラグインを導入し、外部のSMTPサーバよりメール送信することにした。

せっかくGmailを持っているので、GoogleのSMTPサーバを設定し、必要な情報を記入し、テスト送信で無事届けば完了です。

情報元のWordPress Go Go では、設定が詳しく記述してありますし、日本語翻訳ファイルを用意されてますので、ご覧ください。

本家ブログのWay2Goで、現在、iNoveのテーマを利用しているのですが、Head Cleanerプラグインを1.0.2へアップグレードした後、CSSが適用されない状態で表示されている事が判明した。

HeadCleanerプラグインの設定で、「複数の CSS を結合する」のチェックを外すだけで、無事、iNoveのCSSが復活しました。

最初は、何が原因でCSSが無効になっていたのかは、判明出来なかったけど、長年の勘?で一発で原因がHeadCleanerであることが判ったときには、久々にスッキリした。

久しぶりのWordPress本」で買ったWordPress本に、WordPressテーマ「iNove」が少し紹介されていたのですが、内容を見てみると、今まで利用していて、知らない便利な機能が載ってました。

  1. 日本語対応
    index.php,single.php,archive.phpなど日本語編集していたのですが、language内に日本語版が入っていた。
    ただ、ファイル名が違っているため、ja_JP.moからja.moに名前変更しないと日本語にならないとか。
  2. ユーザ名をOn/Off
    一人でブログだと、投稿者名は必要ないので、今までは、author部分を探して削除していましたが、iNoveテーマ設定で「投稿」箇所のチェックボックスを外すだけ。
  3. 通知バー
    iNoveテーマ設定で、通知バー設定欄に、バナー広告やアフィリエイトタグを記述すると、本文の前に挿入される。

なかなか、細かい所に手を加えてあり、ますます好きになれそうなテーマです。

次期バージョンでは、FeedburnerからGoogleに変更されるのかな?

ブログを再構築して、1ヶ月が経ちましたが、再構築した際に、パーマリンクを変更しました。

以前は、/archive/%post_id%の書式を指定して、2年間ほど運用していたのですが、再構築後は、/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%に変更してみました。

当然のことながら、昔の記事は、http:/~~/archive/123のようなアクセスであったため、検索エンジン等や外部リンクで訪問される方は、not foundで、ファイルが見つからず表示されません。

そのような時に、not foundにならず、リダイレクトしてくれる便利なプラグイン「Advanced Permalinks」がありますので、早速導入してみました。

プラグインをインストール・有効化した後、通常のパーマリンク設定を開くと、上部に”Migration”が表示されていると思いますので、これをクリック。
(プラグインの設定項目を見てもリストアップされないので注意)

Old permalink: の設定欄に、旧式のパーマリンク書式を明記してAddを押せば、完了です。
今回、私の場合には、Old permalink:/archives/%post_id% の書式になります。

一昨日、サーバ不調により、アクセス出来ない時間帯があったのですが、復帰後から、WordPress統計プラグインのStartPressのログが記録されないままの状態だと言う事がわかった。

自分の方で、WordPressを変更した覚えがなかったので、StartPressの”StartPressUpdate”の操作を行ったところ、無事、記録されるようになった。